Nintendo SwitchのジョイコンをPCデバイスにする(Mac版)


Nintendo Switch発売されましたね!みなさん遊んでますか?
私は「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」をやり込んでいます。
今作はとにかくやることが多い+やり方がなんでもありで油断すると一日中やってしまいそうになります。
私は夜中に寝静まった敵の巣を荒らす賊のようなプレイを楽しんでいます。

そんなゼルダを楽しめるSwitchのコントローラー「Joy-Con」
一部の界隈ではゲームを遊ぶ以外の使い方で注目されているそうです。
きっかけになったのはこちらのツイート

switchのjoycon、左手デバイスとして普通に使えます。軽くてワイヤレスでボタンの感触も良いです。(redjuice @shiru)

ジョイコンはBluetoothを使用しているのでPCのデバイスとして使うことができるようです。
左手用のコントローラーが欲しい絵描きの方やPCゲームを遊ぶゲーマーに注目されています。
Windowsの場合はPCにBluetoothのイヤホンなどと同じように接続して、JoytoKeyというソフトでボタンの設定をするのが簡単な方法のようです。
しかしMacで試した人が見当たらない。
ならばやってみよう!
ということで今回はジョイコンをMacにつないで使えるようにしてみます。

使用したもの
・Macbook air(2015年モデル OS X Yosemite バージョン10.10.5)
・ジョイコン(今回は左手用を使用して説明しています)
Joystick Mapper (有料ソフト)

<1> ジョイコンをMacにBluetooth機器として接続する

まずMac側でbluetooth機器を接続できる状態にします。
Macの「システム環境設定」から「BlueTooth」の設定画面を開きます。
「BlueToothを入にする」をクリック。

これで一旦Mac側の準備は終了

次にジョイコン側の準備をします。
側面のSL、SRボタンの間にある丸いボタンを押します。

これでジョイコンがどの機器でも接続できる状態になります。
するとMacのBlueTooth設定画面にジョイコンが表示されます。
名前の横の「ペアリング」と書かれたボタンを押します。

これでMacと接続されました。

しかし、今のままだとボタンを押しても何もおきません。
そこでマッピングソフトを使用して、どのボタンを押したときにどんな操作をするか設定します。
Macで使用できるマッピングソフトの中でJoystick Mapperが一番簡単に使えそうなので、今回はこちらを使いました。
Joystick MapperはApp Storeから購入できます。購入後はダウンロードを完了した状態にしてください。

<2> Joystick Mapperでボタンの操作割り当てを設定する

まずJoystick Mapperを起動します
次に上のウィンドウのFile→LoadExsamplesをクリックします。

すると新たなウィンドウが表示されます。ウィンドウにはPS3のコントローラーなどを使う場合のプリセット一覧が表示されています。が、ジョイコン用のプリセットはないので自分で作ります。
プリセット一覧を下までドラックして「Add a new preset」をクリック

今度はプリセットの編集をするウィンドウが表示されます。
Nameでジョイコンのプリセットだと分かる名前にして
「Add a new joystick」をクリック

新しく表示された「Add new bind」をクリック

新しく表示された項目のscanボタンをクリックしてジョイコンのボタンを押す。
これでジョイコンのボタンが認識されたので右側の項目から押したときにどんなそうさをするか設定します。
キボードの入力だけでなく、マウスのクリック、ホイールなども設定できるようです

command+Zなどのショートカットを一つのボタンに設定したい場合はcommandとZを一つずつ設定することで可能です。
この際commandが先に設定してください。

設定を終えたら編集ウィンドウを閉じプリセット一覧から今作ったプリセットの横のチェックボタンをクリック。

これで設定した操作ができるようになります。

いかがでしたでしょうか。
有料のソフトなので少々お金がかかりますが、ジョイコンはちょうどいい大きさで操作しやすいく、Switchを買った人は導入すると作業が捗るかもしれません。
おすすめです!

カテゴリー No Category タグ , , , , , , .

Kotaro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です