学生企画イベント『Party_Kids』レポート!


こんにちは!
9月29日にライブハウス「駒沢ストロベリーフィールズ」で私たちが初めて企画制作したイベントライブ『Party_Kids』が、無事終了しました!
ご来場いただいたお客様、出演していただいたアーティストの皆様、誠にありがとうございました。
今回は、この『Party_Kids』のイベントレポートをお届けします。

が、まずは今回のイベントを企画することになったきっかけを説明します。
私たちエンタメビジネス学科には1、2年生合同の「イベントプロデュース」という授業があります。
この授業ではライブやイベントを企画制作するのに必要な知識やスキルを勉強しています。
そして授業の成果を確認するためにイベントを企画することになりました。

授業で学んできたとは言え、私たち学生全員、イベントの企画は初めてだったので、実際に動き出してみると、とにかくわからないことだらけだったことに気がつきます。
どういう企画内容にすればいいのか?
どんなアーティストをブッキングすればいいのか?
というか、そもそもブッキングはどうすれば出来るのか?
当日までにしないといけないことは?
誰が何をすればいいのか?

イベント直前まで試行錯誤しながら準備をしていました。
そして迎えたイベント当日。
企画やブッキング、集客以外にも当日の運営やPA、照明も私たちが担当なので、
当日になって気がついた事も多く、バタバタしながら最後まで準備を続けました。

学生一丸となって挑んだ『Party_Kids』でしたが、皆さんこのパーティを楽しんでいただけたでしょうか?楽しんでいただけたなら幸いです。

ではお待ちかねの当日のイベントレポートをお届けします。

1組目は赤石輝さん
軽快でポップな弾き語りを聴かせていただきました。
「最初は尚美(しょうび)じゃなくて、尚美(なおみ)という人が作った学校だと思っていた」というMCではお客さんを沸かせていました。
とにかくさやわか!透明感のある声が素敵です。
しかも、まだ19歳という、私たちと同世代なのにとても堂々としたステージでした。
dsc_0090dsc_0100

 

2組目はクマガイミサキさん
しっとりと1曲、1曲を聴かせるスタイルのクマガイさん。
少し陰のある曲や懐かしさを感じさせるような曲を、声量のある迫力のヴォーカルで聴かせてくれました。
そしてクマガイさんはなんと、尚美の先輩でした!!
MCの中では卒業してから、こんな形で後輩のイベントに関われて嬉しいと言っていただけました!
先輩ありがとうございました!

dsc_0125dsc_2048

 

3組目はカエルバナシ
ところどころ毒も含んだユーモアを交えた軽快なMCと、裏腹に独特のややダークネスな世界観を表現するお二人。曲のことを「ハナシ」と表現するのも独特です。
ヴォーカル・大下さんの、演劇的で全身で歌うようなパフォーマンスは、細くてキュートな外観とはギャップのある迫力でびっくり!
MCとは一転してシャープに世界観をもりあげる前川さんのギターもあって、お客さんも一気に彼らの「ハナシ」に引き込まれ、釘付けになっていました。

dsc_2067dsc_0163

 

4組目ラストは戦艦ぽんかん太郎の皆さん。
ステージ狭しと演奏する生楽器の迫力が素晴らしかったです!
トロンボーンとトランペット、2本のホーンがお客さんを圧倒しますが、それにもまして小柄な伊神さんのヴォーカルがスゴい迫力でした!
いろいろな音楽ジャンルの楽曲を、自分たちならではの音楽性で演奏してくれて、とっても楽しいカオス!
6人の大編成で、パーティのラストにふさわしい華々しい演奏をしていただきました。

dsc_2106dsc_2114

 

私たちは、この初めてのイベントでいろんなことを経験させて頂くことが出来ました。
今回の経験を糧に、エンタメビジネス学科はまたいろんな事に挑戦していきます。
また新しいパーティを企画しますので、その時は是非、遊びに来てくださいね!
今後もよろしくお願いします!
img_5917

カテゴリー Blog, Event タグ , , , , .

Kotaro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です