10年後、無くなる仕事と盛り上がる仕事


6/8(水)、尚美の特別講師・山口哲一さんの講座を行いました。

山口さんは音楽プロデューサーであるとともに「コンテンツビジネスエバンジェリスト」として、音楽とデジタルがクロスする分野から日本を面白く変えていこうと活動されています。最近では「START ME UP AWARDS」を企画して、若い起業家が日本を面白くしてくれるお手伝いなどをされているそうです。

今回は、今後、何が日本を面白く変えそうか?というテーマで、学生たちと対話形式の特別講座を行いました。

20160608_10years later

イギリスの世界的名門大学・オックスフォードの研究では、今後10年で、たくさんの仕事が人工知能やロボットに置き換えられてしまうそうです。

たとえば、コールセンターや電話営業などの仕事、タクシーの仕事も自動運転に置き換えられることが予想されていて、5年前なら「SFの話でしょ」と思っていたことが、確実に現実化していて面白いと同時に、少し怖い感じもします。

われわれエンタテインメントの仕事では「モデル」も、AIやロボットになりそうで、仕事を選ぶときは注意が必要ですね。

反対に、しばらくは置換えが難しい仕事も上がっていて、人間の心とか感情に向き合うような仕事は、やはり置換えが難しいみたいです。エンタテインメントを創っていく仕事なんかは、ますます重要になるようですよ。

ちなみに、2020年を目安に、いまものすごくお金が集まっているのは(1)AIとロボット、(2)VRとARの2つだそうで、この学科が出来た理由の通りの状況になってるようです!

20160608_pepper

未来から来た在学生

ということで、皆さんも未来をさわりに、尚美のオープンキャンパスに来てください。未来から来た在学生がお待ちしてます!!

カテゴリー Blog タグ , , , , , , .

shobi-ec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です