Do you want to smoke?


みなさん、タバコは吸いますか?
私は吸わないのですが、今よく「電子タバコ」を吸っている人を目にしませんか?
電子タバコがどんなものなのか気になり電子タバコについて調べて見ました。

電子タバコとは
乾燥葉や液体を電熱線の発熱により霧状化する装置
専門用語では電子ニコチン送達システムと呼ばれています。

用いられる液体は、プロピレングリコール、グリセロール、水、香料
これにニコチンを追加することもできます。
日本では薬事法のため、ニコチンの入った液体は販売されていません。
そのため日本ではタバコ葉の成分を摂取する「加熱式タバコ」が販売されています。

加熱式タバコとはタバコを燃焼させずに加熱しニコチンなどを摂取するものです。
本来タバコは吸い込んだ時、大きく分けると「ニコチン」と「水蒸気」と「タール」を吸っています。

「タール」は煙から出る有害物質の総称で
タバコに含まれているタールには約4000種類以上の化合物が含まれています。
その中で約200種類もの物質は人体に対して何らかの有害な作用を持つ物質であると言われています。
その中には発がん性物質や発ガン促進物質などが含まれています。
電子タバコはその有害物質の9割を削減できる言われています。

ここで主流の電子タバコを三つ紹介したいと思います。

「アイコス」

タバコを燃やさずに内蔵されている加熱ブレードで温め水蒸気とともにニコチンを摂取する仕組みです。

通常のタバコは吸い込んだ時の温度が800度前後になりますが、
アイコスは電気で温めているので350度ほどしか温度が上がりません。
タバコを加熱しないので「タール」の摂取を防止できます。

「グロー」

大まかな仕組みはアイコスと同じ、グローはカートリッジの周囲から加熱してする。

「プルームテック」

「プルームテック」は、本体内部の綿に染み込ませたグリセリンなどを水蒸気化させる仕組みです。
その蒸気を本体先端に取り付ける粉末状のタバコ葉を仕込んだ
「たばこカプセル」に通すことによってニコチン混じりの蒸気となり、それを吸入する。

ここで私が気になる新しい電子タバコを紹介します。

「ビタフル」です。

「ニコチン」「タール」が含まれておらず
もうタバコと呼べるものではないのですが、
仕組みはビタミンが含まれる「フレーバー」を水蒸気と一緒に吸うというものです。
もちろん健康被害もないので受動喫煙の被害もゼロになります。

見た目もカラフルで可愛いので今後注目を集めるのではないでしょうか。

ハギワラタマキ

No Categoryカテゴリーの記事

hagiwaratamaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です