尚美の頂点を決めるライブ


以前の投稿でもお伝えしましたが、年に1度、学科の枠を超えて開催される「尚美・S-1オーディション」は、学生がプロデビューのチャンスを得られる大きな学内イベントの一つです。
実際にこのイベントからデビューして今も活躍中の先輩が何組もいらっしゃるそうです。
そしてこのオーディションが太っ腹なのは、バンド内に尚美の在学生が含まれていれば、他校の学生が参加することも可能だということです。

先日、1月19日(木)に渋谷のライブハウス「Guilty」で、2016年度のS-1オーディション・最終審査が行われたので、観に行ってきました。
多数の応募者から数回の予選を勝ち抜けてきた出演者は9組。
それぞれさまざまな学科からさまざまな個性をもった人たちが選ばれていました。

①チョウカン

1_chou_21_chou_1

トップバッターのプレッシャーを感じさせず楽しいパフォーマンスで、お客さんをあっという間にひき込んでしまったチョウカンさん。
自作のR&B~ヒップホップ系の3曲を披露してくれました。

②しまだかおり

2_shimada_12_shimada_2

一転してギター1本の弾き語りのしまださんは、等身大の歌詞をシンプルなメロディと透明感のある声で、切なさ全開の歌を聴かせてくれました。
聴いているうちにこちらも胸に迫るものがありました。

③せをん

3_sewon_13_sewon_2

昨日、メガネが壊れてしまったMCから始まったせをんくん。とぼけたMCとは裏腹に、綺麗なハイトーンヴォイスで切ない曲を歌ってくれました。
フォークや歌謡曲のテイストを感じさせるメロディが独特でした。

④さかもとちひろ

4_sakamoto_14_sakamoto_2

またまたー転してエレクトロな自作曲やで会場を盛り上げてくれたさかもとさんは、パフォーマンス中に自分でふくらませた風船を会場にバラまいたり、楽曲だけでなく声や演出もイマドキ。
とってもワクワクさせてくれました。

⑤峯岸邑瑞希

5_minegishi_25_minegishi_1

バンドを従えて登場した峯岸さん。ミドルテンポ、バラードそしてロックと、バラエティのある自作曲で勝負してくれました。
おっとりした風貌からは想像しにくいような、バンドに負けない声量でグイグイと聴かせてくれました。

⑥松本織穂理

6_matsumoto_16_matsumoto_2

同じく、バンドとコーラス隊を従えての松本さん。1曲目は椎名林檎さんテイストなロック、2曲目はアイドルチックなポップス、3曲目はポップロックと音楽的にやりたい放題。
エリンギへの愛もたっぷりと表現して会場を沸かせました。

⑦NANA

7_nana_17_nana_2

7組目に登場したのはNANA。ギターの弾き語りに、ピアノとカホンのアコースティック編成で、瑞々しい感覚の曲を聴かせてくれました。
耳に残るハイピッチなヴォーカルと人懐っこいMCで、会場を巻き込んでしまいました。

⑧タコミット

8_taco_28_taco_1

ピアノ、ベース、ドラムのちょっと変則的な編成のバンド、タコミットですが、演奏はしっかりした実力派。ピアノの鶴三くんがヴォーカルも担当。
3人の音楽的な趣味がバラバラとのことですが、その融合を感じさせるカッコイイ楽曲でした。

⑨FLATWOODS MONSTER

9_flatwoods_19_flatwoods_2

最後に登場したのは4人組バンドFLATWOODS MONSTER。ライブを数多く経験してきたバンドならではのまとまりと勢いを感じさせてくれました。
楽曲もカッコイイし、ヴォーカルの中嶋くんのメッセージも熱さがグイグイと伝わってきました。

以上、9組が演奏を終えたところで審査が始まりました。
審査基準は楽曲や演奏・歌唱・パフォーマンスだけでなく、ステージでの在り方や、集客も加味されるそうです。
これは、学校の文化祭ではなく、プロとして活躍できるかどうかを審査するオーディションなので、少し厳しいですが音楽の学校としては当然なのですね。

【結果発表】
優勝:FLATWOODS MONSTER
準優勝:松本織穂理
奨励賞:タコミット

審査員を代表して、浅田祐介さんからコメントをいただきました。

asada

審査員代表 浅田祐介さん

祝福のお言葉だけでなく、プロとしての心構えなど厳しいお言葉もあり、表彰式はガヤガヤしていた会場もシンとなって真剣に聞き入っていたのが印象的でした。

grandprix

優勝のFLATWOODS MONSTER

thanx_2

準優勝の松本織穂理さん

semi_grandprix

奨励賞のタコミット

この後、優勝者は楽曲制作やマネージメント契約の話などもあるらしいです。
彼らがどんなアーティストに成長するのか、今から注目していきたいと思います!
そして次のS-1オーディションも春から募集が始まるようなので、いまから楽しみです!!

カテゴリー Blog タグ , , , , , , .

shobi-ec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です