VR?AR?MR?


みなさん最近よく耳にするVRという言葉
VRの他にAR、MRが存在しています。

その違いについて簡単に説明します。

 

VR、Virtual Reality (バーチャルリアリティ)

日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と呼ばれる。
コンピュータで人工的な環境を作り出し、あたかもそこにいるかの様々な感覚を体験できる概念。

AR、AR(Augmented Reality/オーグメンテッド・リアリティ)
日本では拡張現実と呼ばれている。
「もう一つの空間・世界」をつくるVRに対して
ARは「現実の上にデジタルな情報を表示する」もの。

例をあげると写真加工アプリのSnowや昨年流行ったポケモンGOなどです。

 

MR、Mixed Reality(ミックスドリアリティ)
日本語では「複合現実」と呼ばれる。
人工的に作られた仮想世界と現実世界の情報を組み合わせて、仮想世界と現実世界を融合させる概念。

 

この三つの関係性は以下の通りです

 

将来的にどう使われていくのか、

  • VR:現実では遠くにいる人々も、VRでは同じ体験を共有できるーVR ONLINE GAME。
  • AR:ライブ、イベントに利用できる。
  • MR:科学実験に応用することが多いです。

 

 

No Categoryカテゴリーの記事

hagiwaratamaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です